この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

経営における経営者と税理士の関係

経営者と税理士の関わり

経営と税務の関わりが切り離せないことからも分かるように、経営者にとって税理士は非常に重要な役割を果たす人材で、法人規模になると税務対策の為、専属の税理士を雇い入れたり税理士事務所との専属契約を行ったりといった対策を講じることが一般的です。

ただ、記帳業務のような委託する必要性が薄い業務まで委託してしまい、税務を税理士に丸投げすると経営者が税と会計に対する知識を学ぶ必要性が薄れてしまうので、経営基礎力を伴わない経営者になってしまうリスクも否定できないことから、税務はともかく会計まで税理士に丸投げするような行為はお勧めできません。

最も、個人事業主規模なら別ですが、法人規模で経営基礎力に疑念が残るような経営者が経営の舵取りを行っていることはまずありえないので、法人においては税理士への丸投げも選択肢足り得ます。

法人や個人事業主での依頼のポイント

税理士との契約や税理士の雇用は相応の金銭を要するため、法人の事業レベルでは雇用あるいは専属契約の後の丸投げがベターとなりますが、個人事業主の場合は経費を鑑みて事業規模に応じた依頼を行うのが適切です。

例えば、確定申告のように専用ソフトウェアによる補助が期待できる会計書類は自社で処理して、経営知識を蓄えつつ税務相談を利用して節税のアドバイスを受けるような形もありますし、白色申告よりも手続きが煩雑なものの節税効果が望める青色申告への切り替え要件を満たしている場合も、税理士への依頼が有効でしょう。

なお、留意しておくべきポイントとしては、契約内容を明示し報酬金額を事前に取り決め、経営者と税理士、双方の合意に基づく契約を結ぶことが挙げられます。